(尾張津島の八重桜)            8年前還暦を迎え、過ぎ去った時を越え未来へのメッセージに美しい日本に残る自然・建造物など心に残る画像を追います。


by seibo616

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
more...

フォロー中のブログ

クラカメおじさんの気まぐれ写真
k@o.note
Memories of You
すみれお嬢のつぶやきⅡ
*HAPPY DAYS♪
人生、いつでも今が一番だ~
やま悠作 日々雑感
裏山を歩きながら
晴チャリ雨読
写愛館
タケオモンの写真
へっぽこ写真記
じょんのび

外部リンク

最新のコメント

ヒューマンさん:こんにち..
by seibo616 at 10:00
imaipoさん:こんに..
by seibo616 at 09:58
おはようございます 9..
by ヒューマン at 09:50
おはようございます 素..
by imaipo at 07:41
imaipoさん:こんに..
by seibo616 at 15:51

検索

タグ

最新の記事

書院巡り
at 2017-04-25 15:46
菓子博覧会
at 2017-04-22 08:45
ホタルの放流
at 2017-04-19 09:41
春本番
at 2017-04-13 15:12
闘鶏転供祭
at 2017-03-30 15:50

カテゴリ

全体
津島散策
津島世間遺産
会津
日記
旅行記
建造物
花・植物
遺跡・史跡
写真

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2013年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧

飯盛山の秋

会津の秋巡りも最終章になりました。
お馴染みの飯盛山へいきました。沢山の観光客が溢れていました。
311直後には観光客が激減したのが、隔世の感がありました。ありがたいことです。
d0250028_12205596.jpg

2本の動く歩道には乗らないで、左側の道路から洞穴から登ります。
d0250028_12214912.jpg

白虎隊士が抜けて来た洞窟から流れた水です。
d0250028_12242755.jpg

逆光のサザエ堂です。
d0250028_12251875.jpg

幕末に建てられたお堂は、表から入っても不思議にも2重螺旋になっています。
d0250028_12271097.jpg

白虎隊士が眠る広場も沢山の人です。
d0250028_1228362.jpg

ただ一人生き残った飯沼さんの墓が離れてありますが人だかりが凄い。
d0250028_12283667.jpg

19人の墓前には、線香の煙が凄い。
[PR]
by seibo616 | 2013-11-30 12:29 | 会津 | Comments(8)

鶴ヶ城の紅葉

会津の紅葉散策の2日目は、お馴染みの鶴ヶ城へ行きました。
d0250028_13295852.jpg

お盆に帰省した時には無かった、山本八重さんの銅像ができていました。
d0250028_1331151.jpg

鶴ヶ城の天守閣に登った観光客が前年の4割増しで推移だそうです。
d0250028_133214100.jpg

赤と黄色の紅葉にお城が輝いていました。
d0250028_1333896.jpg

春は満開の桜で覆われたお城の紅葉。
d0250028_1334955.jpg

鉄門から天守を望む。
d0250028_1335569.jpg

石垣にV字に両側に広がった階段は「武者走り」と言います。
一度に沢山の兵が石垣を登る工夫です。
d0250028_13372868.jpg

城内にあったお稲荷さんです。
[PR]
by seibo616 | 2013-11-28 13:38 | 会津 | Comments(15)

柳津の秋

山都から柳津町の虚空蔵様へ参拝へ行きました。
d0250028_738354.jpg

この本殿を建設する際に 大きな赤い牛が応援して「赤ベコ」になったそうです。
d0250028_7401460.jpg

燃えるような赤い紅葉でした。
d0250028_74151.jpg

沢山の参拝者でした。
d0250028_7414395.jpg

庫裡の脇が京都のような風情でした。
d0250028_7423692.jpg

逆光の輝きも素晴らしい景観です。
d0250028_7435038.jpg

大川ラインが素敵です。
d0250028_7444117.jpg

今回での自慢の1枚 

d0250028_745284.jpg

会津若松のラーメン(肉そば)です。
[PR]
by seibo616 | 2013-11-26 07:46 | Comments(14)

立木観音

会津3観音の一つ塔寺の立木観音に行きました。
ここはコロリ観音で有名です。
d0250028_7203845.jpg

大きな草鞋が下がっている山門をくぐります。
d0250028_7213351.jpg

参道の紅葉も見ごろでした。
d0250028_7222817.jpg

趣がある茅葺の本堂です。この中に抱き付き柱があります。ご利益はコロリだそうです。
d0250028_723512.jpg

可愛い三重塔も紅葉に染まります。
[PR]
by seibo616 | 2013-11-25 07:24 | 会津 | Comments(6)

川面の秋

d0250028_7103482.jpg

阿賀野川沿いに上流へ移動しましたら、素敵な原風景に出合いました。
d0250028_7114964.jpg

塩坪地区の河岸段丘は天然記念物だそうです。
d0250028_7113411.jpg

荻野の県営ボート場は福島国体で造られました。
d0250028_7131134.jpg

この線をボートが通過したタイムを競技員が測るようです。
d0250028_7162447.jpg

逆光にススキがなびいていました。
[PR]
by seibo616 | 2013-11-24 07:16 | 会津 | Comments(6)

長床の黄葉

会津喜多方市にある熊野神社の長床(ながとこ)に行きました。
d0250028_9543028.jpg

国の重要文化財に指定されています。
d0250028_9552068.jpg

奥の社まで長い階段があります。
d0250028_956620.jpg

この建物は何に使われたのでしょう。拝殿でしょうか。
d0250028_957470.jpg

この風景も素敵でしょう。
d0250028_9574317.jpg

国の重要文化財に指定されている熊野神社長床(くまのじんじゃながとこ)と呼ばれている拝殿があることで有名である。現在は、長床のほか、熊野三社本殿、文殊堂、観音堂が残されている。また、長床前にある大イチョウは高さ30m・根本周り8.1mで樹齢は600年といわれ、喜多方市天然記念物に指定されている。
d0250028_9591225.jpg

山都の新蕎麦を堪能しました。
[PR]
by seibo616 | 2013-11-22 09:59 | 会津 | Comments(10)

車窓からの眺め

11月14日から突然に会津若松に帰省してきました。
新幹線を乗り継いで、東北新幹線で那須近辺を通過中に素晴らしい夕焼けに出会いました。
d0250028_6292087.jpg

車内の灯りが映り込まないように何枚も撮った中で1枚が出来ました。

会津の旅をおいおいとアップします。
[PR]
by seibo616 | 2013-11-21 06:30 | 会津 | Comments(10)

秋の花火

今年も津島神社の境内には、沢山の菊が展示されています。
今年は連続の台風到来だったので、例年よりも展示が遅れたそうです。
ようやく見頃になって来ました。
d0250028_1058742.jpg

タイトル:秋の花火3連発!!!
d0250028_1059543.jpg

美味しそうなアイスクリーム!!!
d0250028_10594958.jpg

これも見事です!
d0250028_1103019.jpg

先日は津島神社に福島の二本松市からの団体さんが訪問されました。
引率者は隠津島神社の宮司さんでした、津島神社をお参りしてから伊勢参りだそうです。
d0250028_1124965.jpg

これは世界遺産に認定された富士山に月が上っています。
[PR]
by seibo616 | 2013-11-12 11:03 | 花・植物 | Comments(15)

ミニドール

珍しい懐かしいものを見ました。
津島駅前の総合案内所に市内の方が作成したモデルが2個展示されていました。
大きさは幅40cm 高さ30cm程度です。どうして作成されたのか不思議な気持ちになりました。
d0250028_8413481.jpg

昭和の四畳半でしょうか柱時計に茶箪笥の上に太陽の塔がありました。
d0250028_8432789.jpg

どうして作ったのか・・・小間物屋さんの店風景です。
[PR]
by seibo616 | 2013-11-07 08:44 | 日記 | Comments(20)

奈良散策(最終章)

頭塔の説明を追記しました。
追記:安藤忠雄ではなく、黒川紀章の設計でした・・・失礼しました。

恒例の正倉院展示の奈良散策も近鉄セットのバス乗り放題チケットがあるので
市内循環バスで奈良公園から砺石町(わりいし)で期間限定で公開されている頭塔(ずとう)を見学し
近くにある奈良市写真美術館を訪ねました。
d0250028_9443597.jpg

このピラミットみたいな頭塔は近年発掘復元された遺跡ですが、正倉院展の期間だけ公開されています。
場所はホテルの裏側になります。
d0250028_9462876.jpg

ボランティアガイドさんが丁寧に説明して頂きました。
d0250028_9472879.jpg

近くにある安藤忠雄設計の写真美術館を見学しました。
黒川紀章設計の間違いでした。kurakameさんからご指摘ありました。
入江泰吉の写真展「軌跡」を公開中でした。
d0250028_9502382.jpg

素晴らしい奈良の風景と仏像写真でしたが、撮影禁止だったので看板を失礼しました。
d0250028_9513099.jpg

街中では素敵なレンガ塀の旧アパート長屋を発見しました。

奈良散策完です。お付き合いありがとうございました。

※頭塔の説明をネットから引用追記しました。
頭塔(ずとう)は、奈良市高畑町にある土製の塔。1辺30m、高さ10m、7段の階段ピラミッド状の構造をしている。奈良時代の建造で、東西南北の各面に石仏を配置する。1922年(大正11年)、国の史跡に指定された。

[PR]
by seibo616 | 2013-11-04 09:52 | 旅行記 | Comments(12)