「ほっ」と。キャンペーン


(尾張津島の梅)            8年前還暦を迎え、過ぎ去った時を越え未来へのメッセージに美しい日本に残る自然・建造物など心に残る画像を追います。


by seibo616

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
more...

お気に入りブログ

クラカメおじさんの気まぐれ写真
k@o.note
Memories of You
すみれお嬢のつぶやきⅡ
*HAPPY DAYS♪
人生、いつでも今が一番だ~
やま悠作 日々雑感
裏山を歩きながら
晴チャリ雨読
写愛館
タケオモンの写真
へっぽこ写真記
じょんのび

外部リンク

最新のコメント

ヒューマンさん:こんにち..
by seibo616 at 09:55
imaipoさん:こんに..
by seibo616 at 09:54
おはようございます こ..
by ヒューマン at 09:22
おはようございます 祭..
by imaipo at 08:26
ヒューマンさん:こんにち..
by seibo616 at 08:15

検索

タグ

最新の記事

開扉祭(おみと祭り)の準備
at 2017-02-18 13:16
今年のバレンタインは!!
at 2017-02-15 10:42
津島の雪景色
at 2017-02-12 09:54
津島の梅
at 2017-02-11 12:57
雪の鶴ヶ城
at 2017-02-05 10:08

カテゴリ

全体
津島散策
津島世間遺産
会津
日記
旅行記
建造物
花・植物
遺跡・史跡
写真

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2013年 07月 ( 14 )   > この月の画像一覧

天王祭(朝祭)

d0250028_11152260.jpg
27日の宵祭の巻き藁船を一晩で装いを変えて、車楽船(だんじりふね)に変身しました。
同じ船が一夜で変身するお祭りは全国でも珍しいです。
前夜の5艘に、もう一艘が加わって6艘が丸池を走ります。優雅に漕ぎ渡ります。
d0250028_115391.jpg

稚児が船に乗り込みます。堤下車の能人形は「高砂」です。
d0250028_1162871.jpg

これは旧市江村の「だんじり船」です。能人形の演目は猩々です。
この船が先頭を行きます。10名の布鉾持ちが池に飛び込みます。
d0250028_1192182.jpg

津島5か村の船が待機して、出航をまちます。
d0250028_11105667.jpg

若者が布鉾を背負って池に飛び込みます。
d0250028_11114784.jpg

お旅所へ泳ぎ着いたら、津島神社まで走っていきます。
d0250028_1116262.jpg

6艘が順番にお旅所に到着します。
d0250028_1117445.jpg

d0250028_11184589.jpg

d0250028_11192836.jpg

稚児さんも津島神社へ向かいます。
[PR]
by seibo616 | 2013-07-30 11:21 | 津島散策 | Comments(10)

天王祭(宵祭)

7月27日の天王祭本番の宵祭が開催されました。
旧津島五ヶ村の5艘の巻き藁船が丸池に出ます。
d0250028_1511299.jpg

5艘が次々に津島の大神様がご覧になっている御旅所に着岸します。
d0250028_15123395.jpg

1艘に約500個あまりのロウソク提灯がゆらゆら揺れます。
d0250028_15133142.jpg

各車屋さんが神様へ報告に行きます。
d0250028_15142979.jpg

昨夜の稚児打ち廻しの筏場車も到着しました。
d0250028_15162167.jpg

今年の最後は下構車が着岸しました。他の4艘は帰ります。
[PR]
by seibo616 | 2013-07-28 15:16 | 日記 | Comments(8)

天王祭(稚児打ち廻し)

27日の宵祭 28日の朝祭の前日は、5人の稚児が各車屋を出て、車河戸で祭囃しを奏じて
津島神社へ向かいます。
15時過ぎに物凄い豪雨に遭いましたが、本番は無事に雨があがりました。
d0250028_3485641.jpg

5艘のまつり車もようやく飾りが完成しました。27日には19時頃から巻き藁に提灯が刺しこまれます。

d0250028_3533676.jpg

稚児さんが肩車で出発します。(祭期間は稚児さんは地面に足を付けません)
d0250028_3551228.jpg

新装なった筏場車(いかだば)の稚児門からも稚児さんが出発します。
d0250028_3565737.jpg

町屋をバックに行列が進みます。
d0250028_3591450.jpg

無事に稚児さんが乗り込みました。
d0250028_40446.jpg

津島神社の境内に5人の稚児が揃いました。
d0250028_41376.jpg

拝殿前の5本の杭の周りを棒で叩きながら3回まわります。これが稚児打ち廻しです。



追加:今回の祭に向けてリニュアールなった筏場車屋さんの全景を紹介します。みごとな「むくり屋根」です。
d0250028_474757.jpg

この車屋さんから稚児さんが出るのは40年ぶりだそうです。
[PR]
by seibo616 | 2013-07-27 04:09 | 津島散策 | Comments(8)

風立ちぬ

昨日は久しぶりに映画「風立ちぬ」を家族で観に行きました。
ちょうど封切り後最初の水曜日・・・レディーズデイだったので95%が女性でした(笑)
d0250028_2434738.jpg

もともと飛行機が好きだったので、見たいと思っていましたが、
このようなラブストーリーは苦手のジージですが、かなり涙腺を刺激されました。
d0250028_2464340.jpg

電卓もCADもドラフターも無い時代に、
計算尺とT定規や三角定規と三角スケールやカラス口を使って作図・設計していた懐かしい時代を思い出しました。
[PR]
by seibo616 | 2013-07-25 02:52 | 日記 | Comments(12)

会津散策

7月18日から22日まで会津へ帰省して昨日猛暑の津島へ戻って来ました。
コメントレスが遅れて申し訳ありませんでした。
今回は高校19回卒業の同期会に出席しました。総勢99名が出席して盛り上がりました。
d0250028_13185070.jpg

今回は、小田山山腹の北青木にある善龍寺に行きました。山門が竜宮城のようです。
d0250028_13202441.jpg

このお寺には戊辰戦争で一族21人が集団自刃した西郷一族の墓があります。
d0250028_1322185.jpg

これが「なよたけの碑」です。
d0250028_13225223.jpg

西郷千恵子の辞世の句です。
d0250028_13234099.jpg

西郷頼母と千恵子さんの墓と一族21人の墓があります。
d0250028_1324527.jpg

道が整備されて、案内板も出ていました。初めて行きました。
d0250028_13254843.jpg

西郷夫妻の墓は中央の小さな墓です。
d0250028_13271631.jpg

二十一人の墓がありました。
d0250028_1327587.jpg

ここまで墓参される方は少ないです。
d0250028_13284343.jpg

最後にこの善龍寺の山門の横に、津島神社の分社がありました。これは偶然知りました。
[PR]
by seibo616 | 2013-07-23 13:29 | 会津 | Comments(12)

佐賀鹿島散策

鹿島市内を散策しました。この浜宿地区は造り酒屋さんが多くて酒蔵通りと呼ばれています。
d0250028_913686.jpg

お祭りの前日で街中に注連縄が張られていました。
d0250028_914688.jpg

旧武家屋敷を復元したそうです。
d0250028_9145618.jpg

道路を挟んで味噌屋と酒屋が並んでいます。
d0250028_9155393.jpg

酒蔵見学や試飲もできました。
d0250028_9163622.jpg

錆びたタンクが良い雰囲気でした。
d0250028_9171933.jpg

酒蔵の中は涼しくて気持ちが良かったです。
d0250028_918771.jpg

昼食は冷たいラーメンを頂きました。


これから会津若松に高校の同級会で帰省しますのでコメレスが遅れます。
[PR]
by seibo616 | 2013-07-18 09:20 | 旅行記 | Comments(18)

日本三大稲荷

佐賀の鹿島にある祐徳稲荷神社が日本三大稲荷と知ってましたか。
伏見稲荷、豊川稲荷 あとは東日本では笠間稲荷だと思っていましたが、西日本では祐徳稲荷だそうです。
d0250028_125737.jpg

佐賀の嬉野温泉に泊まって、お肌すべすべになりました。(笑)
d0250028_125395.jpg

素晴らしい景観でした。右上の舞台からの眺めも素晴らしい。
d0250028_1265539.jpg

大きなお面が奉納されていました。秋祭りでは面浮立踊りがあります。

佐賀(鹿島市)の名物面浮立は佐賀の顔ともいえるこの地方独自の伝統芸能で、
かけ うち(踊り手)に鬼の面(浮立面)をかぶり頭にシャグマ(毛又は麻)をつけ前には小太鼓を つりさげ、
笛や鐘、太鼓のリズムに合わせて手を振り足あげておどる勇壮な踊りである。

d0250028_12935.jpg

巫女さんにことわり撮影しました。(正面から撮影はNGだそうです)
d0250028_12101089.jpg

これは天井画が凄かったです。
無事に初孫が安産で出産できたお礼をお参りしました。
d0250028_12112185.jpg

鹿島道の駅では、ガタリンピックの会場になりますが、満潮でした。
d0250028_12123969.jpg

干潟になるとガタスキーの体験ができるそうですが、地元の方は少ないようです。
[PR]
by seibo616 | 2013-07-17 12:13 | 旅行記 | Comments(12)

博多の祇園山笠見物

7月12日に佐賀からの帰りに博多に寄りました。
目的は今が旬の呼子の活きイカを食べるためですが、17時まで時間があるので祇園山笠を見物することにしました。
d0250028_10275189.jpg

この駅前の飾り山笠は、八重の桜です。
d0250028_10291450.jpg

一番上が松平容保公 白虎隊 山本八重 下が大山巌に板垣退助でした。
d0250028_1031654.jpg

飾り山笠は凄く大きいです。10数mはあります。
d0250028_10321452.jpg

櫛田神社から出てきた曳き山笠七流(ながれ)の動きを見物しました。
d0250028_10353100.jpg

櫛田入から宮出しまでの所要時間を競います。
d0250028_10386100.jpg

七台の曳き山笠の後に、飾り山笠が曳かれます。勇壮です。
清い水がかけられます、これは道路を濡らして山笠を滑らせるそうです。
d0250028_10414627.jpg

通りに出ると、山が畳まれます。
d0250028_10434517.jpg

これが櫛田神社境内の清道旗のポールを廻るのです。
d0250028_10483858.jpg

櫛田神社の本殿にお参りしました。

d0250028_10493149.jpg

櫛田神社も津島神社と同じ、御祭神はスサノオノミコトです。神社飾り山笠です。

d0250028_10513382.jpg

呼子の活きイカと佐賀の銘酒 鍋嶋と能古見を堪能しました。
[PR]
by seibo616 | 2013-07-15 10:52 | 旅行記 | Comments(14)

献灯提灯

昨日の朝の散歩で津島神社へ行くと、天王祭の献灯提灯が飾られていました。
だんだんと祭のモードが高まっていきます。
暑い夏が尾張天王祭を感じるのです。
d0250028_3474756.jpg

沢山の提灯が境内につけられました。7月14日に点灯イベントがあります。
d0250028_3491584.jpg

重要文化財の南門にも飾られました。
d0250028_35010100.jpg

南門の奥には蕃塀があります。この奥に拝殿・本殿と一直線に並びます。
この配置を「尾張造り」と呼びます。
d0250028_35341.jpg

今年は自分の名前の隣に実家の献灯提灯も御供えしました。商売繁盛を祈願しました。

※突然ですが、長男の嫁に男子が誕生したので、今日から佐賀に顔を見に行くのでコメレスが遅れます。
[PR]
by seibo616 | 2013-07-11 03:57 | 津島散策 | Comments(16)

猛暑の東京散策

7月7日から8日まで、久しぶりに東京・・・御茶ノ水から銀座・日本橋に行きました。
7日は神田で大学の創部50周年記念パーティに出席してから
銀座7丁目のライオンビヤホールで、中学時代の在京同級会に参加しました。
d0250028_11133831.jpg

東京駅の赤レンガも外へ出ないので、中央線の乗り換え口で撮影。
d0250028_11145564.jpg

銀座4丁目の服部時計店も久しぶりでした。・・・暑かったです。
d0250028_11162047.jpg

日蔭を歩いていたら、お菓子屋さんの店先に「茅の輪」が飾ってありました。何故でしょう!!!
d0250028_11175044.jpg

前日の同級会は、七夕に合わせて男子7名と女子7名だった。
翌朝は銀座7丁目で日本で有数に古い喫茶店に入ってモーニングを頂きました。
[PR]
by seibo616 | 2013-07-09 11:20 | 旅行記 | Comments(17)