「ほっ」と。キャンペーン


(尾張津島の梅)            8年前還暦を迎え、過ぎ去った時を越え未来へのメッセージに美しい日本に残る自然・建造物など心に残る画像を追います。


by seibo616

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

以前の記事

2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
more...

お気に入りブログ

クラカメおじさんの気まぐれ写真
k@o.note
Memories of You
すみれお嬢のつぶやきⅡ
*HAPPY DAYS♪
人生、いつでも今が一番だ~
やま悠作 日々雑感
裏山を歩きながら
晴チャリ雨読
写愛館
タケオモンの写真
へっぽこ写真記
じょんのび

外部リンク

最新のコメント

ヒューマンさん:こんにち..
by seibo616 at 09:55
imaipoさん:こんに..
by seibo616 at 09:54
おはようございます こ..
by ヒューマン at 09:22
おはようございます 祭..
by imaipo at 08:26
ヒューマンさん:こんにち..
by seibo616 at 08:15

検索

タグ

最新の記事

開扉祭(おみと祭り)の準備
at 2017-02-18 13:16
今年のバレンタインは!!
at 2017-02-15 10:42
津島の雪景色
at 2017-02-12 09:54
津島の梅
at 2017-02-11 12:57
雪の鶴ヶ城
at 2017-02-05 10:08

カテゴリ

全体
津島散策
津島世間遺産
会津
日記
旅行記
建造物
花・植物
遺跡・史跡
写真

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

カテゴリ:旅行記( 72 )

海の京都博(最終章)

d0250028_08103410.jpg
いよいよ最終章です。朝早く宿の部屋から朝陽を堪能できました。
隣の部屋のご夫婦が散歩されていました。失礼しちゃいました!!
d0250028_08103534.jpg
ご来光を堪能できました。
d0250028_08103594.jpg
久美浜えきから丹後鉄道で豊岡まで行きjRで福知山まで
d0250028_08103698.jpg
これが明智光秀が築いた 福知山城ですが、再建天守です。
d0250028_08103680.jpg
転用石だそうです。旧石垣から発掘されたそうです。墓石や宝篋印塔が
沢山並んでました。
これが明智光秀が非業の最期だった理由かと思い帰途につきました。


[PR]
by seibo616 | 2015-09-19 08:17 | 旅行記 | Comments(14)

海の京都博(その3)

遊覧船で久美浜湾の対岸まで渡り、湊宮地区のガイドさんが案内してくれました。
この旅行の撮影は、プレミアム商品券で購入したミラーレスカメラの
富士フィルムX-T10での撮影でした。
d0250028_07354215.jpg
湊の風景を切り取ることができました
d0250028_07354217.jpg
途中で休憩に立ち寄ったカフェでは、冷たい抹茶とブドウがついてました
コップの水で適宜薄めて茶筅で立てます。
d0250028_07354297.jpg
親子が桟橋で鰺を釣ってました
d0250028_07354333.jpg
湊ならではの気圧計がありました。漁師が出漁可否の判断するそうです。
d0250028_07354315.jpg
このツアー専用にできた停留所です。湊宮バイパスでツアー時間だけです
d0250028_07354379.jpg
この地区は 丹後ちりめんの機屋が以前は沢山あったそうですが、
今は数軒だそうです。一時は津島と同じガチャマン景気があったとか。
d0250028_07354389.jpg
ここは山陰海岸国立公園で 夕日が浦海岸です。
たくさんのサーファーが海にいます。日鏡が見えるそうです。
d0250028_07354351.jpg
宿へ到着して夕食後にアワビのステーキ踊り食いでした。就寝



[PR]
by seibo616 | 2015-09-18 07:45 | 旅行記 | Comments(10)

海の京都博(その2)

久美浜町並み散策の後は、国指定重文の豪商稲葉本家で、バラ寿司と鯛せんべい汁とボタ餅の昼食です。
d0250028_07413868.jpg
d0250028_07413826.jpg
食事の後は無料で館内を案内してもらいました。
d0250028_07413811.jpg
素晴らしい庭が手入れされた景観でした。
d0250028_07413976.jpg
この部屋は明治41年に嫁さんが入った新婚時に建て増した新居です。
d0250028_07413931.jpg
両側に珍しいウダツが上った正門です。
d0250028_07413967.jpg
遊覧船で30分の久美浜湾の船旅で対岸まで行きます。
d0250028_07413916.jpg
これは珍しい トリ貝の養殖イカダです。カキよりも手間がかかるそうです。
筏の上に箱が載ってます。
d0250028_07413983.jpg
久美浜湾の対岸 小天橋(しょうてんきょう)へ到着
ここは天の橋立と同じく砂洲になった漁師町です。現在は松葉かに漁は、行っていないそうです。

[PR]
by seibo616 | 2015-09-17 07:53 | 旅行記 | Comments(6)

海の京都博覧会

京丹波市の久美浜へ行きました。
この駅舎は旧久美浜県庁を模したらしいです。{久美浜県があったとは}
d0250028_10033764.jpg

プレミアム宿泊券で10000円で14000円の宿に泊まれるのです
d0250028_10033803.jpg
駅前で「悠久の神の箱庭」コンセプトツアーの出発です
ここは旧久美浜県庁の建物です 駅舎とそっくりです。
d0250028_10033858.jpg
ここは式内社の神谷神社の見事な出組です・・・4段は珍しい
d0250028_10033896.jpg
神社の奥には 苔むした磐座があります。割れ目が南北を向いてます
d0250028_10033889.jpg
久美浜は細川から京極家の支配から幕府直轄地で久美浜代官所が置かれた
d0250028_10033821.jpg
長命寺は久美浜県立小学校発祥の地だそうです。

[PR]
by seibo616 | 2015-09-16 10:23 | 旅行記 | Comments(3)

東京散策

d0250028_23320846.jpg
d0250028_23322333.jpg
d0250028_23315003.jpg
d0250028_23313335.jpg
d0250028_23302003.jpg
久しぶりに大学研究室の同窓会に参加するために川崎に出向きました。
翌日に会津へ帰省する途中に上野公園を散策しました。

東京芸大美術館で幽霊画の展示をみて、国立博物館のエジプト展を見て
常設展で刀剣展示を観ました。

最近は、刀女子が沢山いて、「この波紋は素敵」「この刀は使いやすそう!!」
ビックリしました。

小雨の公園を新しいカメラ 富士フィルムミラーレス X-T10で撮影し
会津へ行きました。



[PR]
by seibo616 | 2015-09-08 23:44 | 旅行記 | Comments(13)

昨年の大涌谷

毎日箱根の火山活動が報告されていますが、
ちょうど1年前の5月10日には、孫の初節句で小田原の息子と嫁のご両親とで強羅に一泊しました。
翌日はロープウェイで大涌谷に行きました。
現在立ち入り禁止の地域を撮影した画像がありましたので、ご覧ください。
d0250028_8422242.jpg

全然蒸気がでていません。
d0250028_8431753.jpg

左上方に微かに噴気が見えます。
d0250028_8444454.jpg

これが黒タマゴを茹でている場所です。
d0250028_845515.jpg

素晴らしい富士山も見えました・・・・


昨年の報告ブログをリンクしました。
[PR]
by seibo616 | 2015-05-11 08:46 | 旅行記 | Comments(12)

京都散策の最終回

京都の旅も最終回です。奥嵯峨野の化野の念仏寺まで足を延ばしました。
さすがにここまで来ると観光客はすくなくなりました。
d0250028_575735.jpg

入り口を入ると素晴らしい光景が広がってきました。混雑で入り口は撮影禁止でした。
d0250028_515437.jpg

お盆にはここの石塔に蝋燭が灯されるそうです。
d0250028_517320.jpg

面白い構図での撮影でした。如何でしょうか?
d0250028_5174345.jpg

バスが渋滞して、京都駅前に着くともう夕方になっていました。
駅前の地下で遅い昼食(笑)を食して津島へ戻りました。完結
[PR]
by seibo616 | 2014-12-05 05:14 | 旅行記 | Comments(10)

研修旅行

先日雨天の中、津島の団体主催の歴史研修旅行に奥浜名湖方面に行きました。
東海道の脇街道で別名「姫街道」にある気賀関所です。
姫街道は、東海道の本街道よりも古く 本街道に峠道・川越えなどの難所、厳しい関所 などの面倒があった場合に、それらを避けるための別ルートが選ばれる場合があったそうです。
d0250028_7305779.jpg
臨済宗妙心寺派の本山で、龍潭寺(りょうたんじ)です。雨に濡れた小堀遠州作庭の庭が素晴らしい。
この寺は1000年前に、彦根井伊家の御先祖が井伊谷を納めていたそうです。ここで600年統治して
24代井伊直政公が彦根に移って400年だそうです。

このお寺は、後醍醐天皇の宗良親王の菩提寺でもあります。

井伊谷宮は、宗良親王を祀った神社で宮内庁管轄でした。
d0250028_742759.jpg
宗良親王の孫の良王様が津島まで逃れてこられた話が「浪合記」に記されています。
d0250028_7445629.jpg
昼食後に向った先は、臨済宗方広寺派本山です。開基は後醍醐天皇の皇子だそうです。

d0250028_7502394.jpg

別名 奥山半僧坊と呼ぶそうですが、この鬼瓦は高さ3.6mで巾3.6m重さ1トンだそうです。

※明日14日から会津で父の33回忌の法要で帰省するので、コメントが遅れます。
[PR]
by seibo616 | 2014-11-13 07:52 | 旅行記 | Comments(10)

会津から東京・津島

8月19日に帰省先の会津若松市から東京経由で津島市へ戻ってきました。
例によって、東京国立博物館の年間パスポートを活用して、台湾の故宮博物院のお宝を拝見してきました。
さすがは6000年の各皇帝の至宝が並んでいました。
d0250028_15484713.jpg

最後の日に好天気に恵まれました。会津若松駅には白虎隊像と赤ベコがあります。
d0250028_1550765.jpg

これが有名な赤ベコです。赤ベコの伝説
日本の東北地方では、「牛」のことを「ベコ」と呼びます。
今から四百年ほど前の1611年に会津地方を襲った大地震でここ柳津も大被害を受け、虚空蔵堂をはじめ僧舎・民家が倒壊し多くの死者が出ました。 その後の1617年に初めて虚空蔵堂(本堂)は現在の巌上に建てられたのです。 本堂再建に使われた大材は、只見川上流の村々からの寄進を受け、只見川を利用して運ばれましたが、 ここから巌上に運ぶのに大変困り果てていたところ、仏のお導きか、どこからともなく力強そうな赤毛の牛の群れが現れ、 大材運搬に苦労していた黒毛の牛を助け、見事虚空蔵堂を建てることができたのです。 赤毛の牛の群れはなぜか虚空蔵堂の完成を待たずにいずこへともなく姿を消したと言われ、後に大材を運んでくれた牛に 感謝の気持ちと、ねぎらいをこめて建立されたのが開運「撫牛」であり、一生懸命手伝った赤毛の牛を「赤べこ」と呼び、 忍耐と力強さが伝わりさらには福を運ぶ「赤べこ」として多くの人々に親しまれるようになりました。
d0250028_15543363.jpg

車窓から眺めた 会津磐梯山の雄姿ですが、標高1819mと覚えていましたが、
最近は1816mに変わったようです。※ごろ合わせで、どんぶり一杯食う・・・と覚えていました。(笑)
d0250028_1557860.jpg

上野公園の国立博物館は、猛烈に暑かったです。
d0250028_155817100.jpg

中国本土から蒋介石が名物至宝をそっくり台湾に持って行ったので、本土にはお宝がありません。
d0250028_1604512.jpg

博物館の建物の間に東京スカイツリーが見えました・・・まだ登っていません・・・・
d0250028_1612837.jpg

至宝をじっくりと3時間くらい拝見して、外へでると夕日が輝いていました。
[PR]
by seibo616 | 2014-09-08 16:02 | 旅行記 | Comments(6)

佐賀の旅

d0250028_21595749.jpg

1歳の誕生には、紅白の餅を草鞋を履いて踏むのですが、なかなか困難でした。
d0250028_2215459.jpg

紅白の餅は 3等分して両家と息子家庭に持ち帰るのです
d0250028_2233386.jpg

これは「えらびとり」の儀式で、最初に選んだものに将来県警するらしいです。
ちなみにチェロの弦を選んで両親は大喜びでした
d0250028_2271716.jpg

最後はローソク1本のショートケーキで満足でした。

追加 9日から18日まで夏季休暇で会津若松へ帰省しますので、コメレスが遅れます。
[PR]
by seibo616 | 2014-08-08 22:08 | 旅行記 | Comments(6)