(尾張津島の八重桜)            8年前還暦を迎え、過ぎ去った時を越え未来へのメッセージに美しい日本に残る自然・建造物など心に残る画像を追います。


by seibo616

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
more...

フォロー中のブログ

クラカメおじさんの気まぐれ写真
k@o.note
Memories of You
すみれお嬢のつぶやきⅡ
*HAPPY DAYS♪
人生、いつでも今が一番だ~
やま悠作 日々雑感
裏山を歩きながら
晴チャリ雨読
写愛館
タケオモンの写真
へっぽこ写真記
じょんのび

外部リンク

最新のコメント

ヒューマンさん:こんにち..
by seibo616 at 10:00
imaipoさん:こんに..
by seibo616 at 09:58
おはようございます 9..
by ヒューマン at 09:50
おはようございます 素..
by imaipo at 07:41
imaipoさん:こんに..
by seibo616 at 15:51

検索

タグ

最新の記事

書院巡り
at 2017-04-25 15:46
菓子博覧会
at 2017-04-22 08:45
ホタルの放流
at 2017-04-19 09:41
春本番
at 2017-04-13 15:12
闘鶏転供祭
at 2017-03-30 15:50

カテゴリ

全体
津島散策
津島世間遺産
会津
日記
旅行記
建造物
花・植物
遺跡・史跡
写真

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

カテゴリ:日記( 169 )

秋まつりプレイベント

今年も10月4日5日に尾張秋まつりが開催されますが、この前にプレイベントが津島神社南門で
開催されました。
これは祭り本番を盛り上げるために今年初めて開催されました。

d0250028_1515148.jpg

舞台には津島市内の山車カラクリが初めて舞台に飾られました。


d0250028_16123229.jpg

津島馬場町のお囃子です。
d0250028_16132869.jpg

犬山のカラクリは官公人形が梅の枝を抜きます。

d0250028_16164465.jpg

半田のカラクリは人形が次々とのり移ります。

d0250028_1619268.jpg

最後は津島の山車が「車切」しゃぎりを実演しました。

本番が楽しみです。
[PR]
by seibo616 | 2014-09-28 15:18 | 日記 | Comments(8)

今年の夏

毎日秋雨前線の活動が活発で、今年の夏は入道雲が見られる機会が少ないです。
8月9日から19日まで会津に帰省していましたが、1度も好天に恵まれないで写真撮影に行けなかった。
珍しい天候でした。
この写真は8月6日に津島で撮影した入道雲ですが、この後で豪雨になった時です。
d0250028_8274690.jpg

[PR]
by seibo616 | 2014-08-27 08:28 | 日記 | Comments(10)

津島に戻りました

今年は8月9日から20日まで会津へ超ロングのお盆帰省でした、しかし前線の影響で
天気が悪くて 外での風景写真は1枚も撮れなかったです!!!

8月4日に撮影した神葭祭の写真を掲載しました。
d0250028_840348.jpg

天王祭の朝祭が終わった深夜に1年間祀られた真の神葭を天王川に流します
(現在は川が堰き止められて池になっている)
神葭が漂着した場所で、神葭着岸祭が行われます。
d0250028_846294.jpg

神葭着岸祭の1週間後に、神葭祭が丸池で行われます。
d0250028_8471045.jpg

この祭壇は、「おひともし」と言い 町内の方々が75日間毎朝お参りをします。
赤船が神官と巫女さんを乗せて 神葭に向います。
d0250028_8523899.jpg

船の上での巫女舞は、揺れて大変です。
d0250028_8531281.jpg

75日間祀られた真の神葭は、神葭島まで運ばれて地中に納められます。
[PR]
by seibo616 | 2014-08-22 08:54 | 日記 | Comments(4)

朝祭り始まる

尾張津島の天王祭は最終日には、車楽舟(だんじりふね)が6艘丸池を
津島笛を奏でながらお旅所まで渡ります。
d0250028_8422487.jpg

稚児さんが船に乗り込みます。いつも天車(てんぐるま)です。3日間、足は地面につけません。
d0250028_8451954.jpg

前日の巻き藁船から装いを変えて 実物大の能人形を2体載せて進みます。
d0250028_8464664.jpg

各車は所定の位置で、出発のお迎え船を待ちます。
d0250028_8474640.jpg

旧津島5か村の5艘と旧市江村の1艘の6艘が朝祭りに登場します。
白い布鉾を持った若者が池に飛び込みます。
d0250028_8493944.jpg

飛び込んだ瞬間に水しぶきが上がります。
d0250028_8502851.jpg

長い布鉾を持っての泳ぎは大変ですが、今年は溺れる方もいなかったです。
[PR]
by seibo616 | 2014-07-31 08:51 | 日記 | Comments(10)

お祭りの準備

26日の宵祭りが近づいてきましたので、いろんな準備が始まります。
一夜酒振る舞いは、神事に使用する「一夜酒」を皆さんに振る舞います。
d0250028_58074.jpg

前日の午後から仕込んだ酒が少し酸味が出た感じです。
d0250028_5935.jpg

朝の7時過ぎですが沢山の皆さんが飲んでます。
d0250028_510060.jpg

なかには瓶を持参して、自宅に持ち帰る方もおられました。
d0250028_510575.jpg

30分程度でこのような状態でした。

いよいよ祭が始まります。
[PR]
by seibo616 | 2014-07-25 05:12 | 日記 | Comments(4)

蔵コンサート

天王祭が近づいてくるといろんなイベントが盛んです。
この蔵の中での邦楽コンサートも開催されました。
蔵の中でのコンサートは、木造が音を吸収して素晴らしい音響効果を披露してくださいました。
d0250028_726392.jpg

お琴と三味線と尺八のコラボレーションでした。
d0250028_7273882.jpg

なかなか音色が素晴らしく映えました。蔵の効果でしょうか!!!
d0250028_7284638.jpg

途中のティータイムを挟んでの2部構成で素晴らしい一時を堪能しました。
[PR]
by seibo616 | 2014-07-21 07:30 | 日記 | Comments(8)

天王祭プレイベント

天王祭の開催2週間前の7月13日に祭を盛り上げるイベントが昨年に引き続いて開催されました。
残念ながら雨天で津島神社の楼門前の舞台は中止して、神社参集所の舞台で行いました。

d0250028_6565296.jpg
夕方4時半から津島旧5ヶ村の稚児門を巡るウオークツアーも開催準備できました。
d0250028_6594261.jpg
巻き藁船が準備される、車河戸にも祭の風景イメージ写真が展示されました。(seibo撮影)



d0250028_761366.jpg

お祭りで演奏する津島笛の演奏で盛り上がります。

他に お琴 銭太鼓 民謡 など盛りだくさんのイベントは20時半まで行われました。
[PR]
by seibo616 | 2014-07-17 07:08 | 日記 | Comments(8)

美味しい物!!

今日は震災の月命日です、2年4か月経ちますがまだまだ進展はないし、原発もまだまだ
福島県の汚染土問題は、まったく進まない状態です。
d0250028_7114687.jpg

さて、今年も知人から夕張メロンが到来しました。
今年は北海道が高温で、10日も早く食べごろになったそうです。

みなさんにもネットからおすそ分けです(笑)
[PR]
by seibo616 | 2014-07-11 07:13 | 日記 | Comments(8)

夏越の大祓い

今年も6月30日に夏越(なごし)の大祓いが津島神社で行われました、
青い茅草で造られた「茅の輪」をくぐることで夏の病から守ると言われています。
詳細は下記(ネット引用)
d0250028_16511860.jpg

楼門の前に茅の輪が設置されました。
d0250028_16522071.jpg

拝殿の横に祭壇が造られて 神職がお祓いの祭事を行いました。
d0250028_16535535.jpg

今年はコンデジの24倍ズームで祝詞奏上の様子を撮影できました。
d0250028_16551928.jpg

茅の輪を御幣で祓い清めてから渡り始めるのです。
d0250028_16562812.jpg

最初に神職が八の字に3回茅の輪をくぐります。続いて皆さんがくぐり始めました。


茅の輪の由来
※茅の輪(茅草(かやくさ)で作られた大きな輪)は、正月から六月までの半年間の罪穢(つみけがれ)を祓う夏越しの大祓(おおはらえ)に使用され、それをくぐることにより、疫病や罪穢が祓われるといわれています。 くぐり方は「水無月(みなつき)の夏越しの祓する人はちとせの命のぶというなり」という古歌を唱えつつ、左まわり・右まわり・左まわりと、八の宇を書くように三度くぐり抜けます。 こうして、心身ともに清らかになって、あとの半年間を新たな気持ちで迎えるのです。 茅の輪の起源については、善行をした蘇民将来(そみんしょうらい)が武塔神(むとうのかみ)(素盞鳴尊すさのおのみこと)から「もしも疫病が流行したら、茅の輪を腰につけると免れる」といわれ、そのとおりにしたところ、疫病から免れることができたという故事に基づきます。

[PR]
by seibo616 | 2014-07-01 16:57 | 日記 | Comments(6)

いよいよ夏祭り

今年も尾張津島の天王祭が近づいてきました。
d0250028_657227.jpg

国の重要文化財に指定されている、津島神社の楼門です。
豊臣秀吉の寄進と言われています。
d0250028_6592415.jpg

楼門の前には日程表が飾られました。7月12日から始まります。
d0250028_703173.jpg

期間限定の護符やお守りとオミクジです。毎年護符は頂きます。
d0250028_713117.jpg

天王祭の献灯提灯も申込みさせて頂きました。
d0250028_722875.jpg

散歩の帰りに、茶の間カフェで美味しい昼食を頂きました。

今日も暑くなりそうです。
[PR]
by seibo616 | 2014-06-26 07:03 | 日記 | Comments(16)