(尾張津島の八重桜)            8年前還暦を迎え、過ぎ去った時を越え未来へのメッセージに美しい日本に残る自然・建造物など心に残る画像を追います。


by seibo616

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
more...

フォロー中のブログ

クラカメおじさんの気まぐれ写真
k@o.note
Memories of You
すみれお嬢のつぶやきⅡ
*HAPPY DAYS♪
人生、いつでも今が一番だ~
やま悠作 日々雑感
裏山を歩きながら
晴チャリ雨読
写愛館
タケオモンの写真
へっぽこ写真記
じょんのび

外部リンク

最新のコメント

ヒューマンさん:こんにち..
by seibo616 at 10:00
imaipoさん:こんに..
by seibo616 at 09:58
おはようございます 9..
by ヒューマン at 09:50
おはようございます 素..
by imaipo at 07:41
imaipoさん:こんに..
by seibo616 at 15:51

検索

タグ

最新の記事

書院巡り
at 2017-04-25 15:46
菓子博覧会
at 2017-04-22 08:45
ホタルの放流
at 2017-04-19 09:41
春本番
at 2017-04-13 15:12
闘鶏転供祭
at 2017-03-30 15:50

カテゴリ

全体
津島散策
津島世間遺産
会津
日記
旅行記
建造物
花・植物
遺跡・史跡
写真

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

奈良散策(最終章)

頭塔の説明を追記しました。
追記:安藤忠雄ではなく、黒川紀章の設計でした・・・失礼しました。

恒例の正倉院展示の奈良散策も近鉄セットのバス乗り放題チケットがあるので
市内循環バスで奈良公園から砺石町(わりいし)で期間限定で公開されている頭塔(ずとう)を見学し
近くにある奈良市写真美術館を訪ねました。
d0250028_9443597.jpg

このピラミットみたいな頭塔は近年発掘復元された遺跡ですが、正倉院展の期間だけ公開されています。
場所はホテルの裏側になります。
d0250028_9462876.jpg

ボランティアガイドさんが丁寧に説明して頂きました。
d0250028_9472879.jpg

近くにある安藤忠雄設計の写真美術館を見学しました。
黒川紀章設計の間違いでした。kurakameさんからご指摘ありました。
入江泰吉の写真展「軌跡」を公開中でした。
d0250028_9502382.jpg

素晴らしい奈良の風景と仏像写真でしたが、撮影禁止だったので看板を失礼しました。
d0250028_9513099.jpg

街中では素敵なレンガ塀の旧アパート長屋を発見しました。

奈良散策完です。お付き合いありがとうございました。

※頭塔の説明をネットから引用追記しました。
頭塔(ずとう)は、奈良市高畑町にある土製の塔。1辺30m、高さ10m、7段の階段ピラミッド状の構造をしている。奈良時代の建造で、東西南北の各面に石仏を配置する。1922年(大正11年)、国の史跡に指定された。

[PR]
by seibo616 | 2013-11-04 09:52 | 旅行記 | Comments(12)
Commented by belage at 2013-11-04 16:47 x
一枚目の古墳みたいのはこれも御陵ですか?
いつ頃の時代のものなんでしょう。面白いですねぇ。
Commented by getteng at 2013-11-04 16:55 x
seibo616さん
頭塔とは古代の住居跡ですか?
こういうのはお初です。
Commented by seibo616 at 2013-11-04 17:09
belageさん:こんにちは。
このピラミット遺跡は、国指定の文化財だそうです。
最近発掘し整備されたようですが、東大寺に関連あるそうです。
東大寺伽藍の真南に位置します。
Commented by seibo616 at 2013-11-04 17:12
gettengさん:こんにちは。
この7段の階段には22基の石仏が配置されていました。
奈良時代の唐から帰国した僧侶 玄昉の首塚である、という伝承もあるそうです。
Commented by kurakame at 2013-11-05 08:42
頭塔は期間限定公開なのですね。デザインから見るとかなりの歴史がありそうです。
たしか、頭塔って地名にもなっていましたっけ。
写真美術館と入江さん、何時見ても素敵です。
ちなみに、設計者は黒川紀章さんです。
Commented by ヒューマン at 2013-11-05 09:51 x
頭塔とは珍しいものですね。
奈良でなければみれないものですね
Commented by seibo616 at 2013-11-05 10:52
kurakameさん:こんにちは。
設計者は黒川紀章さんでしたね、ご指摘ありがとうございました。
(ペコリ)
Commented by seibo616 at 2013-11-05 10:54
ヒューマンさん:こんにちは。
日本にも段々ピラミットが存在したのにはビックリしました。
入場料は300円ですが、年々パンフレットも充実してきます。
Commented by Imaipo at 2013-11-05 14:40 x
こんにちは
頭塔初めて見ました、ピラミッドのような
説明を読み解りました、信仰対象のものなんですね。
Commented by 三面相 at 2013-11-06 09:11 x
頭塔初めて見ましたがこれは一見の価値がありそうです。
奈良の新しい発見良い散策をされていますね。
Commented by seibo616 at 2013-11-06 10:54
imaipoさん:こんにちは。
昭和50年代には、この場所は土に埋もれて
小高い丘状態で子供の遊び場になっていた と近所のオバサンが言ってました。
Commented by seibo616 at 2013-11-06 10:57
三面相さん:こんにちは。
奈良市写真美術館は、大好きな場所で
時間が許す限り 寄るようにしています。
近くの新薬師寺や白毫寺も趣があって好きです。