(天王川公園の巻き藁船)            8年前還暦を迎え、過ぎ去った時を越え未来へのメッセージに美しい日本に残る自然・建造物など心に残る画像を追います。


by seibo616

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

以前の記事

2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...

フォロー中のブログ

クラカメおじさんの気まぐれ写真
K A O R U K O
Memories of You
すみれお嬢のつぶやきⅡ
*HAPPY DAYS♪
人生、いつでも今が一番だ~
やま悠作 日々雑感
裏山を歩きながら
晴チャリ雨読
写愛館
タケオモンの写真
へっぽこ写真記
じょんのび

外部リンク

最新のコメント

ヒューマンさん:こんにち..
by seibo616 at 10:16
nuranさん:今年もよ..
by seibo616 at 10:14
imaipoさん:こんに..
by seibo616 at 10:13
おはようございます 途..
by ヒューマン at 08:53
行動的ですねぇ~ この..
by nuran at 08:20

検索

タグ

最新の記事

両国ぶらり
at 2018-01-12 09:44
やはり富士山は素敵
at 2018-01-08 10:22
新年おめでとう
at 2018-01-01 07:27
今年もお世話になりました
at 2017-12-28 19:41
津島神社の行事
at 2017-12-26 15:30

カテゴリ

全体
津島散策
津島世間遺産
会津
日記
旅行記
建造物
花・植物
遺跡・史跡
写真

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

祭りの準備(能人形の着付)

尾張津島の天王祭の朝祭のダンジリ船に載る、能人形の着付が行われました。
皆さんの祭りの前の準備が27日の本番前に始まっています。
d0250028_21335587.jpg
2011年撮影
朝祭り本番は、市江の車楽船(だんじりぶね)と津島の5艘 の車楽船が出ます。宵祭が終わった夜、津島の5艘は、提灯を外すなどして、夜を徹して 朝祭用に飾り変えをします。 車楽船の二段屋台には置物(能人形)が飾られます。

d0250028_21384780.jpg

毎年先頭の当番車の高砂以外は、クジで能の演目が決まります。
d0250028_2140281.jpg

演目ごとに衣装や面が決められて着付けをされます。
d0250028_2211713.jpg

着付けを終わった能人形は、トラックで祭りの直前まで2か所で展示されます。
※能人形がトラックに乗った写真は珍しいと思います。
d0250028_21441536.jpg

津島駅前の総合案内所に4体展示されました。
d0250028_2146036.jpg

津島市本町筋の観光交流センターに6体展示されました。
画像の左側の2体は、黒塚(安達ケ原)は福島県の安達町の安達が原の鬼婆の演題です。
[PR]
by seibo616 | 2013-07-03 21:48 | 津島散策 | Comments(6)
Commented by getteng at 2013-07-04 07:28 x
seibo616さん
祭り前から終わりまでの追っかけご苦労様です。
Commented by Imaipo at 2013-07-04 08:15 x
おはようございます
いよいよ祭り本番目指して準備が進んでますね
何時見てもこのお祭りはきらびやかですね。
Commented by 三面相 at 2013-07-04 08:22 x
何時も思うのですがここのお祭りも凄いですね。
準備から本番まで大変な作業量ですねえ。
Commented by seibo at 2013-07-04 16:16 x
gettengさん:こんにちは。
だんだんと祭りの準備がはじまります。日程表をカレンダーに記載中です。
Commented by seibo at 2013-07-04 16:18 x
imaipoさん:こんにちは。
14日には、津島神社の楼門前で大イベントが開催されます。
祭り献灯提灯の点灯式から祭りモードが全開になります。
Commented by seibo at 2013-07-04 16:22 x
三面相さん:こんにちは。
これから斎竹を立てて、船分け、屋台おろし、一夜酒醸造、
稚児打ち廻し、宵祭り、朝祭りと進みます。