(天王川公園の巻き藁船)            8年前還暦を迎え、過ぎ去った時を越え未来へのメッセージに美しい日本に残る自然・建造物など心に残る画像を追います。


by seibo616

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...

フォロー中のブログ

クラカメおじさんの気まぐれ写真
じぶんさがし
Memories of You
すみれお嬢のつぶやきⅡ
*HAPPY DAYS♪
人生、いつでも今が一番だ~
やま悠作 日々雑感
裏山を歩きながら
晴チャリ雨読
写愛館
タケオモンの写真
へっぽこ写真記
じょんのび

外部リンク

最新のコメント

imaipoさん:こんに..
by seibo616 at 01:49
おはようございます 祭..
by imaipo at 08:41
hahahaさん:こんに..
by seibo616 at 07:57
ヒューマンさん:こんにち..
by seibo616 at 07:56
imaipoさん:こんに..
by seibo616 at 07:55

検索

タグ

最新の記事

天王祭(最終章)
at 2017-10-08 07:53
仲秋の名月
at 2017-10-05 10:55
秋の風物詩
at 2017-09-27 15:17
秋の夕景
at 2017-09-14 08:44
山車の修理
at 2017-09-06 10:43

カテゴリ

全体
津島散策
津島世間遺産
会津
日記
旅行記
建造物
花・植物
遺跡・史跡
写真

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

開扉祭(おみと祭り)

春を呼ぶ神事・・・尾張津島の「おみと祭り」が2月22日(旧暦の2月1日)に開かれました。
このお祭りは700年以上前から伝わっているそうです。
大松明2本に火をつけて国指定の重要文化財の楼門をくぐり拝殿前まで消防団員が担ぎます。
本番前に今年から1/2スケールモデルの松明を厄年の方が担いで
津島駅から津島神社まで秋祭りでお馴染みの石採祭車を先導にして、練り歩きました。賑やかな鉦と太鼓のお囃子で、小松明2本と中松明が続きます。
d0250028_1924985.jpg
昨年は、提灯行列を行いましたが、
今年は厄年の方に松明を担いでもらい神社でお祓いをして頂きました。
途中で食事休憩のため「まつりの館」前で1時間休みました。
薄暗くなって提灯が灯る石採祭車で神社へ向かいます。
この祭車の最上部の提灯には、「開扉祭」の文字が見えます。
今回だけの特別仕様です。本番の前に、中松明が楼門をくぐり拝殿へ向かいます。
d0250028_1910131.jpg
拝殿では厄落としの御祈祷を受けます。
d0250028_19111751.jpg
20時には本物の松明に火がつけられて2本同時に楼門へ突入します。
これがこの祭りのクライマックスです。
d0250028_1913518.jpg
これが凄いカメラマンの中で必死で撮った写真ですが、ピンボケでした。
d0250028_19143065.jpg
前の消防団員の肩に火の粉が降ります。
d0250028_19154613.jpg
最後に観客が葦の先端を燃やして、燃えさしを自宅に持ち帰り飾ります。
1年間飾って来年のお祭りに神社へ返します。
この燃えさしを飾ると、田の虫除け・雷除け・歯痛除けに効き目 があると言います。
例年は非常に寒いお祭りですが、今回は珍しく雨が降ったお祭りでした。

復興元年 Happy Days
[PR]
by seibo616 | 2012-02-24 05:16 | 日記 | Comments(35)
Commented by tabinist at 2012-02-24 06:58
伝統行事の写真を撮るのはいろいろな苦労がありそうですね。
これはこれで追いかける価値のあるテーマです。がんばってください。
Commented by 三面相 at 2012-02-24 07:12 x
朝から夜まで取材お疲れ様でした。
伝統のお祭りの素晴らしい様子が良く解ります。
Commented by kurakame at 2012-02-24 08:15
改めて、尾張津島は凄いところだと思い知らされています。
街中の大松明、消防団が担ぐとしても「火の用心」タイヘンそうですね。
Commented by getteng at 2012-02-24 09:56
seibo616さん、
700年の伝統のお祭りとは凄いですよ。
しかし、混乱の中よく撮られていますね。
Commented by いかちゃん at 2012-02-24 10:40 x
凄いですね~~~いやぁ~~~迫力満点、いかちゃんも火を見ると血が騒ぎます (#^.^#)♪ ♪ ♪
最近は台所のガス火しかみてませ~~~ん(/。\)ヽヽヽ
Commented by ヒューマン at 2012-02-24 11:12 x
迫力ある取材活動ですね
けが人もでるのではないでしょうか
Commented by seibo616 at 2012-02-24 11:12
tabinistさん:こんにちは。
この大きな松明を近くで撮影するとかなり熱いのです。
まして担いでいる消防団員の方が火傷しないか心配です。
Commented by hohsi at 2012-02-24 11:12
津島の神事の多さには本当にびっくりしています、
町中が一丸となって行事を盛り上げ
伝統を守り貫いているところが素晴らしいです。
迫力満点でカメラにおさめた写真も又応募してくださいね。
Commented by seibo616 at 2012-02-24 11:13
三面相さん:こんにちは。
この1/2スケールの中松明は、厄年の21名の方々が交替で神社まで練り歩かれました。
駅から神社まで約1200mの距離でした。
Commented by seibo616 at 2012-02-24 11:15
kurakameさん:こんにちは。
このおみと祭りは、新しい御幣を真夜中に交換する際に
灯りの照明用の松明なのです。
津島神社の祭事でも重要なイベントです。
Commented by seibo616 at 2012-02-24 11:17
gettengさん:こんにちは。
カメラマンさんは夕方18時頃から場所とり合戦が繰り広げられます。
今年は残念ながら出遅れました。(笑)
Commented by seibo616 at 2012-02-24 11:18
いかちゃんさん:こんにちは。
今年は今尾の左義長に続いて、2度の火祭りを取材できました。
Commented by seibo616 at 2012-02-24 11:19
ヒューマンさん:こんにちは。
怪我人は出ませんが、少し火傷をする方もいるかも知れません。
Commented by seibo616 at 2012-02-24 11:20
hosiさん:こんにちは。
この大松明の楼門突入の瞬間がクライマックスでしたが、
縄から出れないので、片手で眼検討での撮影でした。
Commented by やま悠作 at 2012-02-24 12:19 x
迫力いっぱいの火祭りですね。
炎を見ると何故か血が騒ぎます。
Commented by imaipo at 2012-02-24 13:15 x
こんにちは
迫力ある松明の突入ですね
これで厄落としができますね。
Commented by ma_kun at 2012-02-24 17:06 x
昼間の行列と違って夜は凄いですね。
ピンボケでクライマックスの迫力が伝わって来ますよ。
Commented by まっくんの館 at 2012-02-24 19:47 x
今晩は~!伝統行事の素晴しい神事ですね。
その凄さが此方にもよく伝わって来ます~!
撮影お疲れ様でした。 (^o^)
Commented by タケオモン at 2012-02-24 22:03 x
こんばんは、
凄い火祭りですが、大昔から、人と火とは、大事な繋がりがあるからでしょうか、
この地域は、歴史上特別な何かを持った町でしょうか。ソバらしいです。
Commented by タケオモン at 2012-02-24 22:04 x
最後の言葉は
「素晴らしいです」に間違いです。失礼しました。
Commented by belage at 2012-02-24 23:08 x
凄いド迫力です。流石ですねぇ。びっくりです。
これまじかで見ていると緊迫感あるでしょう。
素晴らしい!
Commented by seibo616 at 2012-02-25 06:41
やま悠作さん:おはようございます。
近くで撮影すると、火の粉が飛んできますので、
ユニクロのヤッケから綿のジャンパーに着替えての撮影です。
Commented by seibo616 at 2012-02-25 06:42
imaipoさん:おはようございます。
今年は今尾の左義長と2回も火祭りを見たので、
きっと良い年になるでしょう。
Commented by seibo616 at 2012-02-25 06:43
ma_kunさん:おはようございます。
ピンボケでも迫力が伝わって、お褒め頂いて嬉しいです。
Commented by seibo616 at 2012-02-25 06:45
まっくんの館さん:おはようございます。
人間が手で持つ松明では、日本で一番大きいそうです。
地面に置く松明で一番大きいのは、福島県須賀川の松明だそうです。
Commented by seibo616 at 2012-02-25 06:48
タケオモンさん:おはようございます。
春を呼ぶお祭りが各地で開催されますが、
奈良のお水取りや熊野神社の火祭りと並び
春を呼ぶ日本3大火祭りと呼んでいるそうです。
Commented by seibo616 at 2012-02-25 06:53
belageさん:おはようございます。
20時に大鳥居の前で、太鼓を合図に2本が境内を
8の字に練り歩き炎が大きくなったから2本同時に楼門に突入します。
拝殿前に2本並べられて、神官が新御幣を本殿に運びます。
この時間が15分とあっという間です。
Commented by minoji3 at 2012-02-25 08:34
おはようございます。
TVとseiboさんのブログで火祭り堪能です。
お疲れさんでした。
seiboさんのおかげで改めて津島の歴史感じています。
「灯台元暗し」です。
Commented by 北の旅人 at 2012-02-25 10:11 x
さすがにこの大きい松明が燃えるさまは、迫力がありますね・・・!
Commented by Golfun at 2012-02-25 10:42 x
お早うございます。
津島神社は色んな行事がありますね。
700年以上も続いた神社だからでしょうね。
楼門はいつ見ても素晴らしいです。
Commented by seibo616 at 2012-02-25 12:35
minoji3さん:こんにちは。
今年のおみと祭りは平日で小雨でしたが、昨年並みの見物客が訪れてにぎやかでした。
毎年盛大になると良いですね。
Commented by seibo616 at 2012-02-25 12:37
北の旅人さん:こんにちは。
この松明に近寄って、燃えさしを焦がすのは熱くて大変ですよ。
皆さんが競って燃えさしを自宅に持ち帰られたようです。
Commented by seibo616 at 2012-02-25 12:38
golfunさん:こんにちは。
この大松明は江戸時代の古文書では、1/4程度の大きさだったようです。
だんだんと派手に大きくなったようです。
Commented by escribeme_yakko at 2012-02-25 15:20
いろんなお祭りがあるんだな~~~とつぶやきながらスクロールっ
火がぁぁ (+o+) 迫力あるお写真に釘づけでした!!
Angelaちゃんから連絡がありました
当日みなさんと一緒に頂きます、楽しみです・・・ありがとうございます
Commented by seibo616 at 2012-02-25 21:05
すみれのお嬢さん:こんばんは。
このお祭りは津島神社のお祭りでも夏祭りに次ぐ素晴らしい祭りです。
ささやかなものですが、みなさんと景気をつけてください。