(尾張津島の梅)            8年前還暦を迎え、過ぎ去った時を越え未来へのメッセージに美しい日本に残る自然・建造物など心に残る画像を追います。


by seibo616

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
more...

お気に入りブログ

クラカメおじさんの気まぐれ写真
k@o.note
Memories of You
すみれお嬢のつぶやきⅡ
*HAPPY DAYS♪
人生、いつでも今が一番だ~
やま悠作 日々雑感
裏山を歩きながら
晴チャリ雨読
写愛館
タケオモンの写真
へっぽこ写真記
じょんのび

外部リンク

最新のコメント

ヒューマンさん:こんにち..
by seibo616 at 07:09
ma_kunさん:こんに..
by seibo616 at 07:07
imaipoさん:こんに..
by seibo616 at 07:06
gettengさん:おは..
by seibo616 at 07:05
お早う御座います イエ..
by ma_kun at 11:41

検索

タグ

最新の記事

桜が開花
at 2017-03-24 10:58
ドクターイエローミニカ
at 2017-03-14 16:29
春の装い(白梅)
at 2017-03-07 08:53
春を呼ぶ祭(おみと祭)
at 2017-03-01 09:26
春の気配
at 2017-02-26 08:17

カテゴリ

全体
津島散策
津島世間遺産
会津
日記
旅行記
建造物
花・植物
遺跡・史跡
写真

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

駒井家住宅

上賀茂神社の後は京の夏の一般特別公開の駒井家住宅に向いました。
生物遺伝学者の駒井博士の住居です。
d0250028_5585260.jpg
西洋建築です。ドイツの建築家ヴォーリズの優美なデザインです。
d0250028_615065.jpg

JRのポスターでおなじみの窓です。
d0250028_66415.jpg

ここも見どころのらせん階段です。和服の婦人も上がり易いように階段の高さが低いです。
この窓ガラスが輝いてみえます。
d0250028_652495.jpg

ここが玄関です。素晴らしい邸宅でした。

がんばろう日本  Happy Days
[PR]
by seibo616 | 2011-09-12 06:24 | 旅行記 | Comments(22)
Commented by いかちゃん at 2011-09-12 06:12 x
おはようございます
しっとり落ち着いた、派手な飾り付けの無い真の豪邸ですね。。。

いかちゃんにはまったく縁の無い家ですが。。。ゆったりした生活ができるんでしょうね
Commented by imaipo at 2011-09-12 07:47 x
お早うございます。
良い建物が現存してますね
落ち着きのある風格が良いですね。
Commented by 筑前の国良裕 at 2011-09-12 10:08 x
おはようございます。
良い雰囲気の住まいですね。
こうした家で生活すると仕草も変わりそうな気がしますね(笑)。
Commented by seibo616 at 2011-09-12 11:27
いかちゃんさん:おはようございます。
この建築は終戦後一時進駐軍に接収されて、内部をペンキを塗られていたらしいです。ひどいですね。
Commented by seibo616 at 2011-09-12 11:29
imaipoさん:おはようございます。
この庭には温室もあります。ファーブルを駒井博士は信奉しておられたそうです。昆虫の写生も素晴らしい技術でした。
Commented by seibo616 at 2011-09-12 11:31
筑前の国良裕さん:おはようございます。
この2階のベランダから大文字焼きで有名な如意ケ岳が借景に素晴らしい景色が見えます。
Commented by あま・コスモス  at 2011-09-12 12:49 x
内側から見た窓が素敵ですね
建物には色々な気遣いが配慮されているのですね
着物にも合う様に階段の高さにまで・・・
いつの時も建築家は素敵な建物を造っているのですね
Commented by getteng at 2011-09-12 16:10
seibo616さん、
あのヴォ-リズ設計の邸宅とは贅沢ですね。
当地では被爆で崩壊した流川教会がヴォ-リズ建築でした。
戦後のものでは広島女学院大学のチャ-チくらいでしょうか。
Commented by ふーちゃん at 2011-09-12 20:32 x
seiboさん
上品な豪邸ですね 夢のまた夢を見るようですね。
昔・昔中国天津にいた頃レンガ造りの2階建ての家でした
幼い頃をふと想い出しました。
Commented by Golfun at 2011-09-12 21:18 x
素晴らしい豪邸ですね。
入場料なんて考えるようではだめですね。
Commented by まっくんの館 at 2011-09-12 21:37 x
今晩は~! 清楚な佇まいの邸宅ですね。
窓が大きくて開放的な雰囲気を醸し出してますね~! (^o^)/
Commented by hohsi at 2011-09-12 22:23
明治時代の建物でしょうか、
西洋建築様式を取り入れた建物には雰囲気を感じ
見とれますね、
アーチ型の窓枠が特徴にも思われます。
Commented by 慕辺未行 at 2011-09-13 00:11 x
素敵な洋館ですネェ (^o^)!
長い鎖国を解いた後の一連の文明開化の象徴の一つでしょうか!
それとももう少し後の時代でしょうか?
いつまでも残してほしい我が国の”遺産”ですね。
Commented by ヒューマン at 2011-09-13 06:08 x
おはようございます
財閥とかでない一般の方の住居としては、すばらしいですね。
当時としてはかんり豪華な作りですね。それに引き換え、ヒューマン宅は・・・・
Commented by seibo616 at 2011-09-13 08:00
あま・コスモスさん:こんにちは。
和服の使い勝手に合わせて階段の高さを低くする思いやりの建築家の心根を感じました。
Commented by seibo616 at 2011-09-13 08:02
gettengさん:おはようございます。
ヴォ-リズ設計の教会は御地には沢山あったのですね。駒井博士の奥様とヴォ-リズさんが知り合いだったそうです。
Commented by seibo616 at 2011-09-13 08:04
ふーちゃんさん:こんにちは。
天津の洋館には冬場の暖房にはオンドルがあったのでしょうね。
Commented by seibo616 at 2011-09-13 08:05
golfunさん:こんにちは。
8月から9月末までの特別拝観でした。通常時には拝観時にはTEL予約が必要だそうです。
Commented by seibo616 at 2011-09-13 08:08
まっくんの館さん:おはようございます。
この窓に洋館の特徴があるようです。屋根裏部屋に行く階段は当時としては珍しい、巻き上げ収納式だったようです。
Commented by seibo616 at 2011-09-13 08:09
hosiさん:おはようございます。
奥様の希望で洋室の隣に和室がありました。しかし進駐軍が畳からフローリングに変えてしまったようです。
Commented by seibo616 at 2011-09-13 08:12
慕辺未行さん:おはようございます。
昭和初期の洋館で京都市指定有形文化財に指定されています。日差しで黄金に輝くステンドグラスは一見の価値あります。
Commented by seibo616 at 2011-09-13 08:14
ヒューマンさん:こんにちは。
昭和初期にこのような豪華な邸宅を立てるほど学者さんはリッチだったのですね。